建築大好きオジサンの覚書

55才からの迷わないマンションリフォーム

リフォームを考えたら:行っておきたいインテリアショップ・アルフレックス編

f:id:shirokumablog:20180816024318j:plain

 リフォーム前後に行きたいインテリアショップ第一弾・アルフレックス編です 

 今は恵比寿に大きなショールームを構えるarflexですが、その昔は六本木の交差点近くのビルにあった記憶があります。

高級イタリア家具メーカーですが、日経の記事によると現社長の父上がVANを辞めてイタリアにいらっしゃった後、ご縁を得てアジア展開を任されたのだとか。皆が憧れる家具メーカーの一つです

arflexショールームの敷居の高さはデパート経由で頼めばクリア

イタリア家具といえばarflexですが、こういうスタイリッシュな家具メーカーのショールームにありがちな「庶民は突入するのに気後れがする」ムード満載です。

ショールームのスタッフさんは何百万と一挙にご購入されるお客様に慣れていらっしゃるのでしょう、しろくまダンナみたいな庶民がいきなり行くのは敷居が高い所です。

とほほのしろくまダンナですが、こういう時でも大丈夫。「庶民でも高額所得者でも(表面上は)平等の対応」の百貨店経由で頼めば、大手を振って行かれます。デパートってホントにありがたいですよね。

百貨店の家具フロアのarflexさんに試したい家具がなければ、「他にもおススメはありますか?」と聞いてみましょう。きっとショールームにお口添えくださいます。

そうして、恵比寿ショールームに行った際は、是非となりの中華料理「筑紫樓・恵比寿店」で名物のふかひれをご所望ください。サラリーマン価格のランチは銀座店よりリーズナブルでふかひれが堪能できます。

ステキなところでおどおどしがちなボクですが、百貨店からの紹介があれば、恵比寿ショールームでも心安らかです。ショールームのスタッフの方もデパートの店員さんから事前に「こういう家具を探している」と聞いているので、効率よく案内してくれます。また、気に入ったけれど予算的にちょっと・・・という結果も「こちらから連絡しておきますね」とデパートの方に伝えておいてくれるので、自分で「ええっと・・・今回は・・・いろいろあってパスで」とか言い訳しなくて済みます。助かりますね

  • 恵比寿ショールーム
  • 住所:渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクェア1階 
  • 電話:03-3483-8899
  • 営業時間は11時から19時(水曜休み)

二子玉川のarflexショールームなら若者でも大丈夫

敷居が高い恵比寿ショールームに比べて、二子玉駅前の蔦屋の上のショールームなら、思い付きでフラフラ入れます。そうして、こっちの方がボクのような庶民の手に届きそうな家具の種類が多いような印象なのは、気のせいかしら。

恵比寿ショールームはお盆にはクローズされてしまいますが、二子玉川ショールームは開いているので遊びにいかれますね。近くには他のインテリアショップもたくさんあるので、こちらの方が効率よく回れておススメかも。駅から近いのも恵比寿のショールームとは違ってありがたいです。

  • アルフレックス二子玉川 
  • 住所:世田谷区玉川1-14-1二子玉川ライズS.C.テラスマーケット2階(二子玉川蔦屋家電内)
  • 電話:03-5717-9222 
  • 営業時間:11時から19時(不定休)

arflexは一年に一度セールもあります

普段はとても手が届かないarflexですが、富士山麓のハナレ的なところで、夏に一大セールがあります。

上顧客でない庶民のしろくまダンナが行きたい時は、ネット予約する必要があります。毎日受け入れる客の数を限っているので、そこに入れるかは早くクリックしたモノ勝ちですね。

富士山麓なのでちょっとした観光もかねて、趣味と実益でとっても有意義だったと、いらした方は一押しでした。

さすがarflex、廃盤の家具もキレイに直してくれます

中学生の時に買ってもらったarflexの川上元美デザインの「シグナル」の椅子を、勉強する時にずっと使っていました。広い座面とパイプのしっかりした造りでモダンなデザインです。

あれから40年、まだ大切に使っています。だいぶペンキも剥げてきたので、購入したデパート経由で修理をお願いしたら、新品同様になって戻ってきました。座面のウレタンも入れ直して、布も張り替えて、座り心地も満点です

さすが老舗メーカーだなぁと対応に感激です。そうして、間に立って交渉してくれたデパートの担当者のきめ細やかな配慮にも感謝です。

まとめに代えて:大好きなarflex、どこからか降ってこないかな

しろくまファミリーの家くらい小さくても、収まりがいいサイズ展開がarflexにはあります。イタリアの家具ならではですね。

木製の椅子なら、ボクみたいに足が短くても切ってくれるし、安心です。

ああ、どこからか降ってこないかしら、arflex。

今回は、リフォーム前後に絶対行きたいお店第一弾・アルフレックス編でした