建築大好きオジサンの覚書

55才からの迷わないマンションリフォーム

青山・表参道のインテリショップめぐりの合間に中高年にちょうどいいお店:たまな食堂

f:id:shirokumablog:20180816021458j:plain

インテリアショップやショールームが多いオシャレな青山・表参道巡りは楽しいですね。しかし、おしゃれなカフェが多いこのエリア、ボクのような中高年はどこで食事をすればいいんでしょう?!

 そんなランチ難民おじさんを救うのが今回ご紹介する「たまな食堂」です。

ちょっと隠れ家風の和食のお店。表参道の魅力的な「たまな食堂」

場所はすこし分かりづらいのですが、表参道から歩いて5分くらいのところです。青山通り沿いのステキな道を歩くので、5分間とても楽しめます

表参道駅から外苑前方向に歩いて行って、ポルシェのお店を右手に見ながらそのまま前進、まだまだ歩いて、青山通の反対側にブルックスのお店が見えたら、「たまな食堂」の小さい看板が道に置いてあるのでそこで右折。そうして「ここでいいのかなぁ」と不安になりながら坂を下りていって、ふたたび看板が見えるので、その路地を入ると暖簾が見えます。落ち着いた雰囲気の隠れ家風のレストランです。木の入口と敷石が個人のお宅へ招かれたかのようなムードが漂います

  • 住所:港区南青山3-8-27 tel:03-5775-3673
  • Lunch:11:00-15:30 (Last order 14:30) /Dinner 18:00-22:30 (Last order 21:30)

表参道のランチでも「たまな食堂」はおじさん率が高め!

発酵食品と有機野菜がメインお店です。でもこだわりが強そうなビーガンぽい人はあまり見かけません。食に一家言ありそうなナチュラル系のご婦人やベジタリアン風のインターナショナルゲストがちらほら。他には、楽しそうに会話がはずんでいるマダム方、そうして、何よりボクみたいなおじさんが結構がっつり食べています、いつも。ああ、ボクのようなオジサンもたくさんいて本当に安心して入れる店です

「たまな食堂」のランチは栄養バランスがばつぐん

とにかくこのお店の食品は体にいいのに、美味しさがポイント。やはり野菜の味がしっかり出ているからですかね。お店のウエブサイトにも「目にも舌にも心にもうれしく、おいしい驚きと贅沢な気分を味わって」とありますが、たしかに贅沢な奥深い味なので、何度きても新鮮な驚きがあります

ただ、有機野菜や手の込んだ発酵食品がメインのメニューなので、残念ながら価格は高くなってしまいます。でも、がっつり食べ応えのある健康にいいランチは、「また食べに来よう」と誰しもが思える内容で、リピーターの多さが自慢らしいです。

ボクはしろくま奥さまとインテリアショップめぐりの途中で寄ることが多いので、ランチをよく頂いています。ランチの一番のおススメは、40品目も発酵食品と有機野菜をエンジョイできる「たまな定食」1,890円です。250円追加で玄米ご飯を発酵玄米に替えることもできます。通常頂くことのない発酵玄米にトライできるのはいいですよね

他には大豆ミートとお豆のカレー(1,350円)や古代小麦のクリームパスタ( 1,890円)、本日のどんぶり(1,620円)も楽しめます。いずれもお味が深いんですよね。野菜の自然の味が濃いから、一つひとつの食材の味が際立っている印象です。そこに、3つ星レストランで修行されていたシェフの技術が加わって、単なる菜食系のお店とは一線を画しています。

また、レジの後には発酵食品が並んでいて買うこともできます。発酵玄米を簡単に炊くことのできる炊飯器まで売っているという本格的なお店です。まだこの炊飯器を買っている人は見たことがありませんが、意外に小ぶりで使い勝手もよさそうです

まとめに代えて:たまな食堂のコンセプトは「身体をきれいにするごちそうを、老若男女、すべての方へ」

単なるサラダや新しい食材を使った今風のお店ではない、日本古来の発酵食品を使ったしっかりしたお味が、とりわけ、おじさんの心にしみます。表参道や青山でのインテリアショップめぐりのお伴に是非!おしゃれな街の片隅の隠れ家風の「中高年にちょうどいいお店」です