建築大好きオジサンの覚書

55才からの迷わないマンションリフォーム

リフォームを考えたら:行っておきたいインテリアショップ・アクタス編

f:id:shirokumablog:20180816024318j:plain

リフォーム前後に行きたいインテリアショップ第二弾・アクタス編です

アクタスというライフスタイル

アルフレックスほど敷居が高くなく、比較的手軽に入れるオシャレなアクタス。どんな家具を扱っているのでしょう。そうして、どんな暮らしを提案しているのでしょう。

アクタスは1969年創設。2012年には創業の地、青山にショップを出店。現社長の休山昭(きゅうやまあきら)氏は961年生まれ、1985年入社の初の生え抜き社長です。現場を知っている方がトップっていいですよね

最近はマンションのチラシにも「アクタス監修」とあったり、手広く事業展開しています

漠然としたイメージでターゲットは30才、40才かなと思っていましたが、社長さんのコメントによると「40才、50才のお客様が多く」なっているようです

ボクはインテリアショップとしてとらえていましたが、社長さんは「ライフスタイルというソフトを提供している」とおっしゃっています

なるほど単なる家具屋さんではなく、「上質で、丁寧な暮らし」を届けるライフスタイルカンパニーなのですね

オシャレなアクタスは『123人の家』と『123人の家 vol.2』で予習

2012年発行の『123人の家』と2017年発行の『123人の家 vol.2』をお店に行く前にチェックすることをおススメします

この本は、全国のアクタスのスタッフさんの家の中を見せて頂く企画です。中高年のボクの正直な感想は

「思っているより庶民的」

でした。

普通サイズのマンションに目を引く大きな家具がどーんと入っていたり、平均的な一軒家に好きな家具が所せましと並べてあったり。そんなショットが満載です。

ええっとボクは別にディスっている訳じゃないんです、誤解なきよう

一瞬ゴチャゴチャしているように見えても、そこはスタイリッシュな家具やさんのスタッフさんです。オシャレです。とてもオシャレです。計算されています

ただ、

「どっちかというと、庶民のボクの家に近いかも」

という雰囲気がそこはかとなくあるってことです。親近感がわきます

庶民でもなんとか無理すれば買える感じの家具を扱っている印象です

新宿アクタスの2階は高級路線

とはいうものの、天下のアクタス、もちろん高級家具も扱っています

とりわけ新宿アクタスの2階は超高級路線です

  • アクタス新宿店・住所:新宿区新宿2-19-1BYGSビル1階&2階
  • tel:03-3350-6011 (11時~20時 不定休)

社長さんも「新宿店や青山店を中心に高い家具がとても売れている」とコメントされています

たしかに!新宿店の2階には実にクオリティーの高い家具が並んでいます。当然価格も高いです

ボクは奥さまの買い物に付き合って新宿に行くと帰りにたまにアクタスに寄るのですが、2階に昇るのは結構勇気が必要です

スタッフさんはボクをフリの客として見ているのでしょう。誰一人寄ってこないので気が楽ではあります。スタッフさんの視線を背中に感じながら、高めの家具の間をあちこち見て回ります。ああ、緊張する

新宿店の2階に配置されている高級家具はインテリア雑誌に掲載されるようなクオリティーの高い有名家具ばかりです。アイキャッチ的に魅力的な家具が多いです

広いフロアに置いてあるので、くれぐれも自分の狭い部屋にも置けると錯覚しないでくださいね。危険危険

ボクはいつもスケールを持っていて

「しろくま家に置いたらかっこいいな」

と万が一にも思ったら、すぐ測るようにしています。完全に「家具店マジック」にかかって錯覚に陥ってますからね

おススメはこのショップ:青山アクタス

スタイリッシュな家具店が多い青山がアクタス創業の地です。2012年にアクタスのショップが青山に出店しました

  • アクタス青山店・住所:港区北青山2-12-28 
  • tel:03-5771-3591 (11時~20時・不定休)

 アクタス青山の感じの良さは「半端ない」

新宿店よりは狭い印象ですが、アクタス青山店は「訪れて損はない」ショップです。青山のインテリアショップ巡りにははずせません

まず、スタッフさんの心配りが抜群です。ボクが接したスタッフさんはどなたも「アクタスの家具が大好き」で前向きに取り組んでいる気概が感じられました

f:id:shirokumablog:20180817022314j:plain

オシャレインテリアショップでありながら、スタッフがどんな仕事もいとわず、楽し気にやっているのがまたいいです。この前は暑い中、店先でカッコいいお兄さんスタッフがステキなパッケージのコーヒーをアゲアゲで売っていました。

試飲も出来たので彼らの心意気に敬意を表して思わず買っちゃいました。家具じゃなくてコーヒーしか買えなくて申し訳ないです

青山ショップの店内の陳列はとてもスタイリッシュです。単に若者向きでもなく、無理やりオシャレにしている訳でもない、社長さんの言う「ライフスタイルの提案」が実感できます

「こういう暮らしが今いいですよ」というメッセージが明確で、オジサンにも参考になりました。家具だけでなく、照明器具や小物のあしらいもインテリア雑誌のコピーでなく、こなれた印象です

アクタス青山の素晴らしい提案:TECTA社M21ダイニングテーブル

その上、スタッフさんの提案が的確なんですよね。

うろうろとダイニングテーブルを探していると、スタッフさんが声を掛けてくれました

ボクらの困っている点をよく理解してくれて、TECTA 社のM21 ダイニングテーブルを提案してくれました

f:id:shirokumablog:20180817023631j:plain

このテーブル、バウハウスの理念を継承する有名な作品であることは知っていました

アクタスのサイトにも詳細な説明が掲載されています

オリジナルは大きいサイズだけです。けれども、アクタスが日本向けにひと回りこぶりなサイズの作成を依頼していること、またオリジナルの色に加えて日本の顧客が好む色合いもオーダーできること、さらに日本向けに高さの調整も可能なことを詳しく教えてくれました

TECTA社のM21ダイニングテーブルの6つの特徴

ざっくりまとめると、TECTA社M21ダイニングテーブルのすぐれた点は以下の6つです

  • 制作会社とデザイナーが超絶有名:建築業界で有名なデザイナーが複数関わっています。とりわけフランス人のプルーヴェが知られています
  • 部屋の中央でも壁側でも置き場所を選ばない:上の型紙写真の右側が直線です。必要に応じて直線側を壁につけられます
  • 形状が独特で座った人の視線がバッティングしない:隣や前に座った人が視線を合わせなくて済みます
  • 複数の人が座れます:形状が独特なので多数の人が使えます
  • 脚に空洞がありデザイン性と軽量化に貢献:ル・コルビュジェを尊敬していたイギリスのスミッソン夫妻が穴を開けることを提案しました。軽くなりました
  • 脚にガラス板を設置:ちょっとした物置にも使用が出来るようTECTA社のドイツ人デザイナー(ステファン・ヴェルヴェルカ)がガラス板を設置。このデザイナーは「どこからでも座れる椅子」の作成などで知られた、TECTA社で活躍した人です 

テーブルの形状が独特なのでテーブルクロスを敷くことは出来ないですが、別売でテーブルトップと同じ形状の厚みのあるビニールを買うことができます。テーブルが傷つくのを心配する方には心丈夫ですね

ちなみに上の画像はアクタスで扱っているTECTA 社のM21 ダイニングテーブルの型紙です。購入にあまりに迷っているので、見かねて青山アクタスのスタッフさんが貸してくれました(要返却です)オリジナルの大きいテーブルと、日本向けの小さいテーブルの両方が型紙に描いてあります

更に、ボクらがあまりに悩んでいるので、3Dで部屋のプランニングも作って後日メールで送ってくれました。マンションの部屋の中が驚くほど再現されていて、素人には「ここにこう置くとこうなるのか」とイメージしやすかったです

なぜTECTA社のM21を買わなかったのか:2つの理由

ここまでアクタス青山店のスタッフさんが心を尽くしてくださったのに、それなのに、結局、家に戻ってしろくま奥さまが

「ステキだけど、このテーブル重くない?」

ってことで、却下されたTECTA社M21ダイニングテーブルです。

ああああ

ま、確かに動かすのは大変そうです、ハイ、奥様のおっしゃる通り

「それに、ガラスの板って危なくないかしら?今後お孫ちゃんとか来たりしたら」

アクタスのショップでは確か脚の部分のガラス板がはずしてありました。

「ショップで危ないなら、うちでも危ないわ」

あ、そうかもしれないです、ハイ、奥様のおっしゃる通り

申し訳ないです、青山アクタスのスタッフさん、こんなに詳しく説明もして型紙まで貸してくださったのに、本当に。お手数お掛けしました

まとめに代えて:気軽に行くならアクタス二子玉川店がおススメ

ハイソな新宿店、スタイリッシュな青山店とそれぞれにメリットがあるのですが、ふらっと寄るならアクタス二子玉川店が一番おススメです

  • アクタス二子玉川店・住所:世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズS.C.テラスマーケット2階
  • tel:03-5717-9191 (10時~21時・不定休)

そうして、そもそも周りにはarflexを初めハイセンスなインテリアショップが集まっていて、「にこたま」のテラスって歩きやすいです

アクタス二子玉川店は買いやすい価格帯の小物もたくさん置いてあって、若い人も多いので店内が華やかです。やっぱりインテリアショップはボクのようなオジサンがいるより、明るくにぎやかな方がいいですね

www.shirokumablog-renovation.com