建築大好きオジサンの覚書

55才からの迷わないマンションリフォーム

【今日は父の日@オーストラリア】英語でメッセージを書く時に便利なブログ: Congratulation Messages

f:id:shirokumablog:20180820143711j:plain

ちょっとお花を贈りたい時、ちょっとプレゼントしたい時、英語でオシャレなメッセージを添えたいですよね。そんな時に便利なブログをご紹介します

中高年になるとボクみたいな輩でもお花を贈る機会ってなんだか増えます。お子様がご結婚されたり、退職されたり、そうしてお母様が亡くなられたり

日本語が分からない方にも、なんとか英語でそれなりのメッセージをカードに書いて添えたいですよね

とても便利に使っているのはこのブログです

congratulationmessages.blogspot.com

Congratulation Messagesでカバーする守備範囲

正直、たいていの出来事はこのブログでカバーできそうです

ブログの上の方に「想定されるシチュエーション」がさまざま載っています。せめて項目がアルファベット順だといいんですが、そうでもないのが難点です

ってことで、サイトに載っている項目をアルファベット順に羅列してみました

カギカッコの中はサイトの英文の一部をイメージをつけみやすいようボクが適当に訳しただけなので、気になさらず。こんなにたくさんのイベントが紹介されています。メッセージの例はボクのポンコツ訳以外にもたくさん掲載されています

  • Achievement 「業績すごいね!がんばったね!大成功だね!やり遂げたね!」
  • Aniversary 「結婚記念日おめでとう!」
  • Baby Boy/ Bagy Girl 「ご出産おめでとう!」
  • Baby Shower 「ご出産間近の女性に赤ちゃんグッズをプレゼントするイベントに際して:赤ちゃんおめでとう!」
  • Boss-Achievement 「我らがボス!素晴らしいリーダーです!」
  • Boss-Job Promotion 「ボス、ご昇進おめでとうございます!」
  • Bride & Groom 「新婦新郎、おめでとう」
  • Bridal Shower 「花嫁になる方にプレゼントするイベントに際して:ご結婚おめでとう!」
  • Brother 「兄上へのメッセージ:昇進・プレゼン・新車に『おめでとう!』」
  • Business 「起業おめでとう!」「新規開店おめでとう!」
  • Christening/ Baptism「赤ちゃんの洗礼式おめでとう!」
  • Dad to Be 「お父さんになるんだってね、やったね!そうしてこれからはこれまでとは違うんだよ!」確かにねぇ
  • Daughter 「お嬢様に対してのメッセージ:業績昇進・出産・結婚」お嬢さまへのメッセージが「業績」「昇進」っていうのが実にいいチョイスです
  • Doctorate or Ph.D. 「博士号取得本当に大変だったよね」
  • Engagement 「ご婚約おめでとう!キューピッドが来たんだね!」ちょっと照れるな、これ
  • Facebook 「Facebookが始められてよかったね!」(以下はFacebookに書き込むメッセージ)「就職おめでとう!」「「起業おめでとう!」「赤ちゃんおめでとう!」「ご婚約おめでとう!」「新築おめでとう!」「新車おめでとう!」「独り身になっておめでとう!」ええっと、ホントにわざわざこれを書く?
  • Graduation「ご卒業おめでとう!熱き想いのまま進め!夢の実現のために
  • Holy Communion 初聖体拝領式(7才で正式なキリスト教徒になる儀式)「神のご加護がありますように」
  • Job Confirmation「仕事決まったんだって、おめでとう!君ならやれると思ったよ!」こういうメッセージいいですよね
  • Long Service永年勤続おめでとうございます!」
  • Moving on Congratulations 「家族のように付き合ってきた君にさよならを言うのは辛いけれど、でも幸運を祈る!」
  • New Car 「ランドクルーザー買ったんだって!やったね!」わざわざ?
  • New Home 「新しいお家、おめでとう!」
  • New Job 「転職おめでとう!」「昇進おめでとう!」
  • New Mom 「ママになるのね、健康に気を付けてね」
  • New Parents ご自身の赤ちゃんだけでなく、さまざまなファミリーの形態で新たに両親になった方へ「『親』という冒険に踏み出したあなた達、楽しんで!」分かります、終わりなき旅が始まったんですね
  • Passing Driving Test 「やったね!とうとう運転免許とれたんだね!」なんでしょ、これ。そんなに取れなかったのかな
  • Pregnancy 「お母さんになるんだね、おめでとう!」「ちょっと立ち止まって休んでね、ママになるんだから」
  • Promotion 「昇進おめでとう!」「成功のハシゴを昇りつめたね!」
  • Retirement「ご退職に寄せて、これからのご活躍をお祈りします」
  • Scholarship 「がんばったね!奨学金おめでとう」
    Shop Opening 「開店おめでとう!」
  • Sister 「姉上や妹君へのメッセージ:大学卒業・結婚・卒業生総代 (the Class Valedictorian)・婚約」に「おめでとう!」
  • Son「ご子息へのメッセージ:試験合格・成績優秀者に選出・大学卒業・婚約」に「おめでとう!」
  • Success in Exam 「GCSE(イギリスの大学向け統一試験)でA*(Aプラス)だったんだって!誇らしいよ」優秀な成績を褒めています
  • Team Member 「このチームの強さは本物だぜ!」
  • Thank You →お礼の項目をクリックすると、とんでもない量の「お礼」の例があるので、お礼状を書く時はよくチェックしています
  • Twins 双子ちゃんに「楽しみも二倍だね!」
  • University Acceptance「大学合格おめでとう!」
  • Vow Renewal 結婚の宣誓式(すでに一緒に暮らしている夫婦が、もう一回『結婚式での誓いの儀式』をして愛を確認するそうです。なんですかね、これ。すごく欧米で人気みたいだそうですが、ボクがVow Renewalに呼ばれたらなんて書けばいいか困ります)「もう一度『誓います』を聞けて嬉しいよ!」なるほどなるほど。うまいこと言うなぁ
  • Wedding  結婚は例文がすごく沢山あります。結婚関連でカードを差し上げる機会が多いんでしょうね「親友が結婚した時のお祝いの言葉の例」に対して「お返事の例」「(文化によっては)結婚指輪交換のお祝いの言葉の例」「赤ちゃんの命名式のお祝いの例」「出産のお祝いへのお返事の例」「婚約式のお祝いの例」そして最後に「結婚のお祝いを言うのを遅れちゃってごめんよの例」あらら
  • Winning 「バスケの試合に勝っておめでとう!」「展示会の機会を得たんだね、おめでとう!」「宝くじに当たったんだってね、おめでとう!!」ひゃー、このシチュエーション、こわいこわい

 Congratulation Messagesの具体的な使い方

今回このサイトを利用したのは、先日ご子息様が結婚した友人にお花を贈ったからでした。日比谷花壇のサイトから添付するカード内容を書き込めるので、花に添える文言を探すためにサイトをチェックしました

上にざっくり書いたように結婚関連の項目は多いのですが、「ご子息が結婚される両親」の項目はパッと見た限り見当たらなかったです

そこで、サイトの右側のにウィンドウ "Search This Blog"に"parent wedding"と入れます。

そうすると、お嬢様やご子息様のご結婚に際してご両親様へ贈りたいメッセージがたくさんヒットします

サイトの上の項目になくとも、ウィンドウに探している単語を入れるのがコツです

オマケ:Congratulation Messagesから透けて見える社会

お嬢様の昇進に向けてのメッセージや、姉や妹が総代になった時のお祝い、独り身になった方への応援の言葉など、ボクらはなかなか思いつかないシチュエーションがたくさん載っているサイトです

とりわけ、New Parentsの項目からは複雑な今の社会を垣間見ることが出来ます。その方ご自身のお子さまの誕生だけでなく、再婚してお相手のお子様がご家族になった方など、広い意味での「家族」の姿が、例文からうかがい知れました

「お祝いのメッセージ」って世相を反映しています。奥深いですね

「お祝いメッセージ」の例文を読んでいるだけでも、

「どんな時にこういうメッセージを贈るのかなあ」

とちょっと想像力がかきたてられます

まとめに代えて:9月第一日曜はオーストラリアでは父の日

そうしてなんと、本日9月第一日曜日は豪州の父の日です

ボクが住んでいた時は街のお店やモールで大々的に「お父さんに」とスポーツウエアや登山道具なんかを売っていました

日本では「父の日」の定番は今でもネクタイですかね。6月になるとデパートにネクタイがとりわけ並んでいる印象です

オーストラリアは政治家や弁護士以外、サラリーマンでもほぼネクタイはしないので、ネクタイを贈る習慣はあまりないんです。ボクが働いていた時も例にもれず、政府関係者や法曹界の方々に会う時以外はたいていノーネクタイでした。ネクタイしめてなくても、全然失礼じゃないんですよね、オーストラリアのビジネス界隈

で、なんでオーストラリアでは9月第一日曜が父の日かって?

記事によると、理由は「マーケティング的にこの季節がベスト」のようでご都合主義で決まっちゃったみたいです。勝手に「父の日」まで変更されちゃう「お父さん」の存在の軽さって。「オーストラリア、お前もか!」って正直ボクは言いたいです

  • 4月から6月は行事が目白押し。休暇明けのモノの売れ行きが鈍る9月に変更した
  • 9月はオーストラリアでは春のシーズン。これからアウトドアシーズンがいよいよ始まるので「父の日」と称してキャンプ道具や釣り道具などアウトドア関連を販売したいから9月に変更した

ってことで、お父さんにポロシャツなんか贈る時のカードに書く「ひと言メッセージ」にもこのサイト便利です

www.news.com.au

www.shirokumablog-renovation.com