建築大好きオジサンの覚書

55才からの迷わないマンションリフォーム

賃貸物件のリフォームポイントその1:賃貸用設備の注意点

f:id:shirokumablog:20180817035956j:plain

マンションを賃貸に出す場合のリフォーム注意点を賃貸会社に聞いてみました

 父のマンションを賃貸に出していましたが、借りている方が引越されたのでリフォームしようとしています

父のマンションは駅に近いので、「借り手はいるだろう」と今後も賃貸で回することになりました。ボクは素人なので「賃貸物件向けのリフォームで注意すること」が分かりません

そこで、先日までお世話になっていた賃貸会社の担当者に「都内でマンションを賃貸する為のリフォームのポイント」を聞いてみました

「餅は餅屋に」ですね

貸しやすい間取り:1LDKを2LDKに変えられるフレキシブルな間取り

父のマンションはなんだかオシャレ間取りで1LDKでした。マンションのモデルルーム仕様だったんです

当時のパンフレットを見ると、ル・コルビュジェの黒いソファーがどーんって置いてあって大きなテレビがあってスタイリッシュな生活空間が提案されていました

ここに老人が二人で住んでいたのです。ちょっとシュールでした。なんていうか「場違い感」満載で正直使い勝手が悪かったです

本来は「一人暮らし」もしくは「若いカップル」が住みやすい間取りでした

実際に借りてくださった方も「一人暮らし」の方で気に入ってくださったようでした。賃貸期間の延長も申請されたのですが、期間限定でお借り頂いていたので、今回は退居後そのままリフォームすることになりました

賃貸会社の担当者は

「これから都内は一人暮らしの方が圧倒的に増えると想定されます。一人暮らしや若いカップル向けの賃貸住宅の需要は高まるので、このままでいいと思いますよ。でももしリフォームされるなら、1LDKが2LDKにもなるフレキシブルな間取りがいいですね」

ってことで、可動式の壁や引戸で2LDKにも変えられる間取りにすることにしました

白髪染めにも耐えうる水回り:陶器の洗面台と汚れの目立たない浴室床

賃貸会社に指摘されて驚いたのが

「白髪染めを洗面台でされる方が多いので、人工大理石の洗面台は避けた方がいいです。汚れが染みついて取れないです」

えええ??

直接洗面台をボウル代わりに白髪染めするってことですか?

「お風呂でも白髪染めをされる方がいるので、浴室の床はなるべく汚れが目立たない色合いで」

ええええ?

直接お風呂の床に白髪染めの染料をまき散らすってことですか?

そんなことが賃貸物件で普通に行われる可能性に気づきませんでした。というわけで、洗面台はメンテナンスしやすい陶器浴室床は汚れが目立たない色を選ぼうと探し始めました

これがなかなか一筋縄でいかないことに、探し始めたこの段階では全く気付いていませんでしたが

アイキャッチ的な設備:これからは必需品の食洗機

以前、ボクのマンションの近くの賃貸物件を見に行ったことがあります。すごく人気の物件だったので参考にしたかったのです。そこに入っていたのがミーレの食洗機と洗濯機でした。

この二つの設備があるので、その賃貸物件は人気が高いそうで、引きも切らず借りる方がいるのだとか。

なるほどなるほど。アイキャッチ的な設備の重要性は理解しました。

洗濯機はまぁ持っている方もいらっしゃるでしょう。食洗機はこれから必需品になりそうですね

父のマンションにはもともとパナソニックの食洗機は入っていました。リコール製品だったのですが、まぁ動くことは動きます。

しかしパナソの後継機がすでに生産中止なので新しく探す必要がありました。適切な食洗機を選ぶことがなかなかやっかいな問題であることに後日気づきます

汎用性の高い灯具用の設備:オシャレなダクトレール照明ってどう?

f:id:shirokumablog:20180817092756j:plain

せっかくリノベするので、カッコよくダクトレール照明を設置しようかと考えていました。

カフェとかカッコいいお宅とかで最近目にする機会が多いダクトレール照明です

ダクトレール照明っていうのは、写真のように線のような形状になっている灯具をつけるモノですよね

今やMUJI無印良品でもダクトレールにポコンとはめる灯具はたくさん売っていました。ちなみに無印良品ではダクトレールのことをシステムライトと呼んでいます。価格もリーズナブルで、MUJI無印良品ならシステムライト用のLEDスポットライトが3,900円くらいです

賃貸物件:ダクトレールを天井に埋め込むのは好ましくない

流行っているダクトレールですが、賃貸業者に聞くと

「ダクトレールを天井に埋め込むのはよろしくないでしょう。一般的な引掛けシーリングローゼットにした方がいいです」

f:id:shirokumablog:20180818015320j:plain

ほとんどの賃貸物件は照明器具がカシャンと付けられる、丸い引掛けシーリングローゼットと呼ばれる電源ソケットが埋め込まれています。

左の写真は実物ではないのですが、イメージは似ています。こんな感じの丸い電源ソケットが天井に埋め込まれていて、そこに部屋の借り手がガシャンと好きな照明器具を取り付けられます。賃貸業者は、この引掛けシーリングローゼットを押していました

引掛けシーリングローゼットに取り付けられるダクトレールもある

というわけで、賃貸物件用なのでオシャレなダクトレールは止めて引掛けシーリングローゼットにしました

しかし、どうしてもオシャレなダクトレールにこだわりたい借り手の方には奥の手があります。引掛けシーリングローゼットに後付けで取り付けられるタイプのダクトレールが発売されています

またの機会におススメの後付けダクトレールを紹介します

まとめに代えて:賃貸物件用のリフォームの3つポイント

賃貸業者さんにアドバイスもらった賃貸物件用のポイントは3つでした。

  • 貸しやすいフレキシブルな間取り
  • 手入れがしやすい水回り
  • 汎用性の高い照明用電源の設置

がポイントでした。

リフォームに取り組む前に専門家に聞いて良かったです。いや、ホント、餅は餅屋に

www.shirokumablog-renovation.com