建築大好きオジサンの覚書

55才からの迷わないマンションリフォーム

日本橋から日比谷まで、キレイになったので歩いてきた

f:id:shirokumablog:20181007035736j:plain

高島屋S.C.も出来たし、日比谷ミッドタウンも落ち着いてきたって噂なので、お散歩してきました。三井不動産と三菱地所が競いあっていて、いい感じでした

 お天気もよかったので、奥さまとぶらぶらしてきました。三越前のコレド室町あたりから日本橋高島屋S.C.、東京駅から丸の内側に出て、ミッドタウンまで。いやはや、なかなかに人気で混んでいました

 ネットで評判が良かった日本橋高島屋S.C.

正直に言えば、もう奥さまとボクはターゲットからはずれたなって印象でした。すごく混んでいたのですが、シニアにさしかかったボクらは買うモノがなかったです。残念。なにか買いたい気持ちはあったのですが行列も結構長くて

「ま、わざわざ並んだコレをここで買わなくてもねぇ」

と、時間はたっぷりある老人のくせして辛抱が足りないボクは並ぶのが面倒で

加えて、フードコートには魅力的なお店はたくさんあったのですが、人が歩いている脇でごはん食べるのは(見栄えが悪い老人の)ボクらにはちょっと抵抗がありました。やっぱりここは、見るに耐えうる若者が美味しそうにほおばっていてほしいですよね、店側も、きっと

高島屋本館との境はまるで「パリですか?」くらいステキだったのですが、ちょっと混みすぎて入れそうになかったです

f:id:shirokumablog:20181007040431j:plain

気を取り直して本館で奥様がマダム向けの洋品をチェックするのにつきあったのですが「なんか・・・新宿伊勢丹みたいになったのね?」

と、各ブランドの間の垣根がなくなったディスプレーに困惑気味でした。裏から在庫もとってきてくださるのですが、待っているのも時間をもてあまして、ちょっと面倒でした。老人は変化についていけないんで慣れるまでかかりそうです

その後は地下の新しい和菓子屋さんもみたのですが、小さい栗のお菓子が1つ500円というクラクラする価格で、

「これは無理ぃ」

と丸の内側に退散。

丸の内~日比谷ミッドタウンまで。老人もOKの大人の街でいいな

仲通りの一保堂でお抹茶いただいて、グリルうかいでごはんたべて、ぶーらぶら。

「太っちゃうなぁ」

といいながらデザートまでペロリ。美術館の緑になごみました。

最後はちょっと空いてきたミッドタウンのスタバでまたお茶。水出しコーヒーをあわあわにクリーミーにしてくれるというここでしかいただけないコーヒーらしいです。ちょっとコーヒーにしては750円とお高めでしたが、冒頭の写真のように感じのいい若者がにこにこ作ってくれている様子がステキで、味もまたすばらしかったです

最後に

三越からミッドタウン日比谷まで、歩くのにちょうどいい距離でした。奥さまは

「これから高島屋では買えないわ。日本橋三越かしらねぇ」

って思案気でしたが

で、全然関係ないですが、よく行っていた「たまな食堂」が閉店だそうです。あああ、もう老人の行き場が次々と。変化についていくのがもうやっとです

www.shirokumablog-renovation.com